1. 賃金・評価などの人事コンサルティングならプライムコンサルタント
  2. サービスから探す
  3. 評価制度の設計・導入

評価制度の設計・導入

人事評価制度の目的

人事評価制度は何のために必要なのでしょうか?

 人の能力ややる気をランクづけて、賃金や賞与を査定するためでしょうか。それとも人を競争させて、仕事に駆り立てるためでしょうか。

 私たちは、このようなアメとムチで社員一人ひとりにプレッシャーをかけるような人事評価制度づくりには限界があると感じています。何よりも社員一人ひとりを孤立させ、会社の中が暗くなってしまいます。個人の強みを伸ばすよりも、弱みが浮き立つ結果となり、人材にやる気、元気、勇気を与えることができません。

 人事評価制度の真の目的は、組織の目的である全体の成果、すなわち顧客に価値を届けることに人を動機づけ、具体的な行動を促すことにあります。知識とスキルを発揮させ、仕事を生産的なものとし、従業員一人ひとりに実際に成果をあげさせることにあります。

組織に必要な二つの評価基準

すべての組織には「成果」に対する評価基準と、「行動」に対する評価基準が必要です。この二つが補いあうことで、組織は全体性と一貫性を維持することができます。

 組織の「成果基準」とは、事業の目的そのもの、すなわち組織としてあげるべき成果がどれだけ達成されたか、顧客にどれだけの価値を届けることができたかを評価するものです。病院でいえば治療・治癒した患者数、学校では社会に送り出した卒業生の数などです。

 組織の「行動基準」とは、組織が大事にしている価値観や倫理観、規範などが組織の構成員にどれだけ浸透し、実行されているかを見ていくものです。病院では患者の生命と健康を守り、安心をもたらすという医療チームとしての使命や義務、学校では学生の将来に心を砕き、よい影響力を与えようという教師としての使命やリーダーシップなどです。

 このような組織の成果基準、行動基準を従業員一人ひとりに意識づけ、経営成果の向上に向けて人を動機づけ、具体的な行動を促すもの、それが人事評価制度なのです。

人事評価制度づくり

私たちは、クライアント企業の実情とニーズに合った、分かりやすい評価制度づくりを数多くお手伝いしてきました。

 はじめに人事評価制度の基礎を固めるために、組織が必要とする仕事のポジションと従業員一人ひとりの役割責任を整理し、等級制度を作ります。組織における役割責任が能力発揮のステージとなり、そこで成果をあげさせることこそ、人事管理の基本です。

 次に、事業の目的・ミッションから出発して、経営目標すなわち成果基準に連動した「業績評価」と、行動基準に連動した「行動評価」の仕組みづくりを行います。

 役割責任にふさわしい目標を達成させ、等級別の行動基準を意識づける仕組みをつくり、管理職の皆さんがしっかり評価やフィードバックを行えるような研修も行います。

 このような等級制度、評価制度と連動してはじめて、仕事を割り当て、個別に報酬を決め、昇進や昇格を決めていく実力主義の人事管理が可能になります。

 ここでは、一般的な評価制度のつくり方をご紹介しましたが、会社の沿革やビジネスモデルによって、人事評価制度のニーズは様々です。また経営方針や目標を組織的に展開していくやり方にも会社ごとの作法、流儀があります。

 まずは貴社の実情をお聞かせいただき、具体的な問題点や障害をお聞かせください。確かな問題解決への道筋を一緒に考えてまいります。

評価制度の見直し

 繰り返しになりますが、評価制度の真の目的は、仕事を生産的なものとし、従業員一人ひとりが成果をあげることを支援することです。そのため、評価基準は望ましい仕事とは何かを指し示すものであり、評価の仕組みは従業員と上司や同僚をよりよい関係に導くものでなければなりません。

 したがって、人事評価制度は環境の変化に応じて見直していくことが必要です。内外の環境が変わっているのに過去に作った制度を一切変えないことは、仕事のやり方や組織運営の方法を全く見直さないこととほぼ同じ意味になります。

 また、仕事や組織運営は環境に即して変えているが人事評価は旧態依然のまま、という場合は、制度と実態のミスマッチが生じ、やはり仕事の生産性は上がりません。ちょうど、古いOS(オペレーティングシステム)の上で、最新のアプリケーションが威力を発揮できないのと似ています。

 だからと言って、やみくもに制度を変えることをお奨めするわけではありません。大切なことは、定期的に点検し、実態と不整合があれば必要な見直しを実行することです。望ましくは、将来を見通し、従業員や組織を将来ビジョンに導くための見直しを行うことです。

 社外、社内ともに変化のスピードが上がっている時代、タイムリーな見直しによって、人事評価制度の効果と納得性を維持することが、10年、100年と続く企業をつくる土台づくりにつながります。

 私たちプライムコンサルタントは豊富な実績に基づいて、お客様ごとの将来を見据えた人事評価の構築・見直しを強力に支援いたします。まずは、お気軽にご相談ください。

このサービスに関する導入事例

経営計画と組織目標・業績評価との連動

会社のビジョン・ミッションと連動した評価が実行可能に!「職能資格制度」から「役割等級制」への転換した...

コンサルティング事例 賃金・評価制度の設計と導入

営業目標管理とプロセス改善

「結果重視」から「活動重視」の業績評価に転換し成果を創出!営業戦略・目標・プロセスから営業職の評価手...

コンサルティング事例 賃金・評価制度の設計と導入

賃金制度の抜本改革事例

賃金制度の抜本改革!実力評価で透明性と納得性を高め、組織全体が活性化 会社名 A社 業種 サービス業...

コンサルティング事例 賃金・評価制度の設計と導入

業績評価・行動評価の導入

わかりやすい評価基準で組織的な求心力と集中力を引き出す!管理職全員参加のワークショップで新評価制度を...

コンサルティング事例 賃金・評価制度の設計と導入

業績連動賞与と賞与個人配分

原資を営業利益に応じて決める業績連動賞与に一新!社員の経営参画意識向上とモチベーション強化に成功 会...

コンサルティング事例 賃金・評価制度の設計と導入

パートタイム社員の賃金・評価制度づくり

パート社員の賃金・評価制度を刷新して不満を解消!評価基準と昇給ルールを整備し社員の積極的な行動を後押...

コンサルティング事例 賃金・評価制度の設計と導入

執行役員の報酬制度づくり

執行役員の位置づけを見直し実力主義の報酬制度を実現!執行役員規程を整備し権限・責任・報酬基準を明確に...

コンサルティング事例 賃金・評価制度の設計と導入

ポイント制退職金・中退共への移行

賃金連動型の退職金制度を見直し経営の安定を確保する!現行制度の退職金資産・債務を把握し将来推計も行う...

コンサルティング事例 賃金・評価制度の設計と導入

各種お問合せ

お問合せはお気軽にどうぞ