1. プライムコンサルタント
  2. サービス案内
  3. 賞与制度づくり

サービス案内

賞与制度づくり

賞与制度づくりの第一歩は、目的を明確にすることです

 ボーナスを払おうとすると二つの問題に直面します。一つは「各従業員にいくらずつ支給するか」という「配分」の問題、もう一つは「会社全体でいくら拠出するか」という「原資」の問題です。この二つが絡みあって袋小路に入りこみ、毎回、四苦八苦して賞与を決めている企業を多く見受けます。この、一見厄介そうな問題は、「賞与は何のために払うのか」という人件費政策を明確にすると、驚くほど明快に整理でき、分かりやすい制度を構築することができます。

 賞与をめぐって「会社業績の還元」、「生活給補てんの一時金」など、諸説がありますが、当社は、「一定期間に実現した利益の一部を、各人の貢献に応じて配分する臨時的な給与」という考え方をお奨めしています。同時に、毎月の賃金との区別も重要です。賃金は従業員の毎日の生活を支える収入なので安定性が必要です。そのため、賃金は固定的な人件費になります。一方、会社業績は常に変化するので、経営の安全性を保つには人件費の変動性も必要です。賞与は、その変動性を引き受ける人件費であり、従業員にとってはみんなでがんばって稼ぎ出した利益を分かち合う褒賞的な収入となります。

 このように考えると、まず営業利益などの会社業績に連動して「原資」を決め、次に各人への「配分」を決めればよいことになります。

 各人への配分方法も種々ありますが、原資が一定期間の利益の一部ならば、配分は「対象期間の貢献度(=成績評価)で決める」という原則が最も明快です。

 当社はこの原則に基づいて、「役割責任」と「成績評価」の組み合わせで決まる「配分点数表」によって単純明快な配分額決定を実現し、全国のユーザーにご活用いただいています。

「わが社に最適な」賞与制度をお手伝いします。まずは、ご相談ください!

 賞与について基本的な考え方を述べましたが、実際には会社ごとの工夫や積み上げてきた歴史、さらには経営者の思いや従業員の期待もあります。当社は、これらを十分に考慮し、お客さまのための賞与制度を構築します。まずは、お気軽にご相談ください。

コンサルティングのすすめ方

このページの先頭へ