1. プライムコンサルタント
  2. サービス案内
  3. 賃金制度づくり(NEW)

サービス案内

賃金制度づくり(NEW)

賃金制度のことならプライムコンサルタントにお任せ

「人手不足」「働き方改革」「同一労働同一賃金」の時代の賃金制度には、次の3つの機能が求められます。

1. 働く人の気持ちに寄り添い、ヤル気と納得、将来への希望を高めること
2. 人件費を効果的に配分し、総額を適切にコントロールできること
3. パートタイマー、定年後再雇用など、さまざまな雇用区分にも対応し、わかりやすい説明と運用ができること

当社は、300社以上の支援実績と独自のノウハウにより、三拍子そろった賃金制度の整備・導入から運用まで強力にサポートします。

<賃金制度に関する企業様のこんなお悩みを解決します>

☑ 貴重な人材を惹きつけ、採用競争力のある処遇制度を整えたい...
☑ わが社の実態に合う賃金制度をつくりたい...
☑ 社員に公開でき、納得と希望を生む給与体系を整えたい...
☑ これからの時代に適合し、使い勝手の良い制度を構築したい...
☑ 社員の自覚と自律を促し、互いに尊重・協力して働くインフラをつくりたい...
etc...

 当社は創業以来、日本型の仕事基準とも言うべく、「役割責任と実力」を軸とした賃金管理の理論と手法を研究・開発し、幅広く展開しています。
 役割と実力に基づいて報酬を決めることで、会社は、人件費の肥大化を避けながら、誰もが「なるほど」と感じる効果的な配分を実現できます。
 特に重要な基本給は、独自に開発した「ランク型賃金表®」というシンプルな賃金テーブルの上で、各人の役割(等級)と実力(評価)にふさわしい金額を合理的に決定します。

サービス案内(賃金)図表1.JPG

 「実力主義」と言うと、賃金が毎年大きく変動すると思われそうですが、極端な上げ下げは社員の生活不安を招いて顧客視点の仕事を妨げる恐れがあります。そこで当社は、「段階接近法®」という、独自に開発した賃金改定ルールをお奨めしています。これにより、役割と実力に応じた賃金を、社員の生活に配慮しながら無理なく実現することができます。
 構築した賃金表、賃金改定ルールや諸手当基準を公開すれば、社員は自分の給与の将来像を展望できるとともに、「高賃金にあぐらをかく」というモラルハザードに陥ることもありません。
 また、人手不足の時代に採用競争力を維持するには、賃金の世間水準と自社の水準を比較することが必要不可欠です。当社は、厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」などで世間水準を確認し、お客様の状況に最もふさわしい昇給カーブを探りながら賃金表を設計しています。

サービス案内(賃金)図表2.JPG

 実際のコンサルティングでは、現有社員の実態、業種・業態や地域の世間水準、会社の支払い能力を総合して、最適なしくみを整備し、スムーズな移行プロセスを確立します。導入後は、賃金制度の主旨と目的が浸透して人と組織のより良い変化が生まれるよう、社員研修や運用実務のサポートなど、ご要望に応じたサポートを行います。
※「ランク型賃金表」「段階接近法」はプライムコンサルタントの登録商標です。

<過去にご提供した内容例>

・役割責任に基づく「等級区分」と「昇格・降格ルール」
・シンプルで使い勝手のよい「賃金表」と「賃金改定ルール」(各社に最適な水準を設計)
・説明と運用がしやすい「諸手当体系」と「支給基準」
・上記を掲載した「給与規程案」
・業種・業態、地域水準と比較可能な「モデル賃金カーブ」
・賃金推移の「各人別シミュレーション」
・運用コスト試算
・人事制度ハンドブック
・新賃金制度社員説明会
・基本給改定ソフト

お客様の声

事業内容:出版業
従業員数:50人

プライムコンサルタントさんへ依頼したところ、企業と従業員の両者にとって最適な賃金制度構築ができました

菊谷先生に作ってもらった賃金制度は働くものの気持ちに360度応えてあり、会社にとっても抜かりなく手立てが整えられています。賃金制度を超え、風土改革すら誘う制度と感じます。

コンサルティングのすすめ方

このページの先頭へ