1. プライムコンサルタント
  2. ニュースリリース
  3. 津留慶幸(当社コンサル/特定社労士)のセミナーDVD「中小企業の制度設計 多様な社員のための評価制度の作り方(V80)」★NEWリリース★

ニュースリリース

2018.07.19

津留慶幸(当社コンサル/特定社労士)のセミナーDVD「中小企業の制度設計 多様な社員のための評価制度の作り方(V80)」★NEWリリース★

津留さんDVD 80表紙.jpg

正社員、有期契約社員に加えて、無期転換社員や定年後の再雇用者、限定社員など雇用形態が複雑化するなかで評価制度の見直しが必須となっています。
今回は、中小企業の制度設計の第一弾として、『多様な社員のための評価制度の作り方』が発売されました。
様々な雇用形態を一覧で把握し、業務の棚卸から評価制度に発展させることができる「役割責任マップ®」を用いて中小企業が導入しやすい評価制度の作り方を解説しています。
このDVDに関する日本法令のサイトはこちらから。(注:当社では直接販売はしておりません)
またYouTubeで内容の一部をご覧頂けます

YouTube閲覧はこちらをクリック

【講師】
株式会社プライムコンサルタント 特定社会保険労務士 津留 慶幸

[津留からのメッセージ]
本DVDでは、当社(株式会社プライムコンサルタント)が使用している「職務分析から評価基準まで一貫して作成するノウハウ」をより使いやすく改良し解説しています。
業務の把握と評価は、今後想定される同一労働同一賃金対応のためにも必須であり、このノウハウを使えば、業務実態に即した評価基準を効率的に作成可能です。
皆様の会社の評価制度作りに、是非お役立てください。

[目次]
DISC1 評価の考え方(収録時間:55分)
1.多様な社員の活躍が求められる時代
 多様な社員に対応した人事制度が求められる背景
 適切な人事管理
2.多様な社員への対応を考える
 無期転換社員を含む多様な社員のパターン、対応、人事制度
3.多様な社員に対応する人事制度の全体像
 人事制度を構成する要素とその目的
 多様な働き方に対応した役割・キャリアパスの整理
 評価制度の目的

DISC2 評価制度の作り方(収録時間:105分)
4.多様な社員に対応する評価制度の作り方
 評価制度を構成する要素
 評価の軸と雇用形態ごとの使い分け
 多様な社員に対応する評価軸・項目・基準の考え方
 役割責任マップ®作り方
 基本機能(大区分)基本業務(中区分)業務細目(小区分)の考え方
 処遇差に説明力を持たせるためのポイント
 評価基準(期待水準)の作り方、設定とポイント
 評価シートへの落とし込み/評価の付け方と留意点
 評価の先にあるもの

[収録書式(Excel)]
   役割責任マップ®
   評価シート
   期待水準シート

このページの先頭へ