1. プライムコンサルタント
  2. ニュースリリース
  3. 12/6/5成果人事研究会・夏季定例研究会を開催しました!

ニュースリリース

2012.06.05

12/6/5成果人事研究会・夏季定例研究会を開催しました!

【経営・中堅人材のためのマネジメント講座】
~「システム思考で問題をとらえる」の巻~

定例研究会では、会員企業の皆様が事業成長のための「新たな視点を発見」し、「課題解決のヒントや気づき」を獲得できるように、ワークやディスカッションを通して実践的に「マネジメント」を掘り下げています。
 
今回は、~「システム思考で問題をとらえる」の巻~と題して、「わが社の人事制度は本当にうまくいっているのか?」をテーマに、「システム思考」※の視点を活用して問題を把握し、根本原因を探ってみました。

※「システム思考」とは=人間の営みや世界、物事や現象を、相互に関連し合った「システム」としてとらえる見方。単独、単体、部分ではなく、相互の関係をとらえ、全体的な変化のパターンをとらえるための枠組み、考え方。

<当日プログラム>
1.トレンド解説 「仕事量と組織の最適バランスをとるには?・・・制約条件に管理を集中せよ!」
2.マネジメント講座 「わが社の人事制度は本当にうまくいっているのか?」
(1) ワーク-1-:「わが社の問題現象について考えよう」
~身近な問題を「システム思考」でとらえるワークで、ちょっと違った物の見方を体感して
いただきました。
(2) 解説:「システム思考で問題を把握する」
~「ある会社の物語」を使って、「システム思考」の考え方とそのツールについて解説しました。
(3)ワーク-2-:「人事制度が何をもたらしているのか?」
~人事制度が社員と会社に及ぼす影響を、「システム図」を使って考えました。

ワークでは、「評価制度がうまく運用できない」をテーマにディスカッションしていただいた後、「システム思考」の「5つの原型」について、具体的なケースを使って学習していただきました。
参加者の皆様からは、「ものの見方を変えることはとても大切だと思います」「教育指導~評価~組織配置の全体バランスのとり方という問題を改めて発見できた」」「全体が見えているようで、実は見えていないことが多かったと感じさせられた」等の感想をいただきました。
次回研究会は11月6日開催予定です。
                      (↓ワークの様子)★★120605_1132~01.jpg 

このページの先頭へ