1. プライムコンサルタント
  2. ニュースリリース
  3. 11/5/27公開セミナー【社員の「役割」「発揮能力」を正しく評価する】を開催しました

ニュースリリース

2011.05.27

11/5/27公開セミナー【社員の「役割」「発揮能力」を正しく評価する】を開催しました

「役割」の決め方と「熟練・実力」に基づく処遇のしかた――  

■社員の「役割」「発揮能力」を正しく評価する 

 

Session1:企業経営を成功させる人材活用・評価・報酬・育成のあり方とは

Session2:解説と演習-賃金表の運用を体験する

Session3:解説と演習-事務職の評価を体験する

Session4:オープン問診-「現行制度の問題・課題は何か?」の分析から、「わが社にふさわしい解決策」を選択する

Session5:まとめとご案内

 

当日はご遠方からも多数の経営者・経営幹部の皆さまにご参加いただき、ありがとうございました。
 

Session23では、実際に「賃金表の運用」と「事務職の評価」を体験していただくことで、より具体的なイメージとともに、制度のコンセプトをご理解いただけたようです。

 

また、Session4「オープン問診」では、参加各社さまの「お困り事」を事例に、代表菊谷が「問診」形式で状況をお尋ねしながら、問題の背景と解決の糸口を皆さまといっしょに考えました。

・数年前に変更した賃金表が現状に合わなくなり、運用に矛盾を抱えている

・曖昧な昇給や降格の基準を整備したいが、具体的にどうしたらよいか

・成果給のウェイトが高く、部署、職種による格差や職位による年収逆転等、様々な問題が生じている

~など、直接の関心事にお答えしながら、課題と解決策を共有しました。 

             (オープン問診の様子↓) 

110527_seminar1600~01.jpg

参加者の皆さまからは、「問診で取り上げてもらい、長年の懸案が解決した」「他社と同様の課題が社内に存在するので参考にしたい」「いままでにない知識に触れ、とても役に立った」など、嬉しいコメントをいただきました。

これからも、中堅・中小企業の経営革新にお役立ていただける企画をご案内してまいります。

(当セミナーの受講料全額を、日本赤十字社を通じて「東日本大震災義援金」に寄付させていただきます。)

このページの先頭へ