1. プライムコンサルタント
  2. 人材マネジメントセミナー
  3. 第8回 定年再雇用者の業務内容や貢献度に応じて処遇を決定する方法は-1-

プライム特選情報

第8回 定年再雇用者の業務内容や貢献度に応じて処遇を決定する方法は-1-

【強い組織を作る!人材活用・評価・報酬の勘どころ】

Q従業員200人の製造業です。定年後再雇用者を業務内容や貢献度に応じて処遇する分かりやすい方法があったら教えてください。

A 支給率方式と賃金表方式のいずれかを選択する

ポイント⇒大きく分けると次の2通りの方法がある。
(1)定年前の賃金に一定の支給率を乗じて減額する「支給率方式」
(2)再雇用者を対象に短期決済型の賃金の決定基準を適用する「賃金表方式」

 多くの会社の定年後再雇用の事例をみると、65歳を上限とする1年ごとの有期雇用契約に切り替え、定年前と同じ仕事をフルタイム勤務で続けてもらい、賃金は定年時よりも大幅にダウンするというのが典型的なパターンです。
 しかし類似業務や関連業務に変わることも少なくなく、定年前とまったく関係のない職種に移る場合もあります。
 ご質問は、このようなケースも含めてのものと思います。

 はじめに、定年前と同じ仕事をフルタイム勤務で続けてもなぜ賃金がダウンするのか、その理由をみておきましょう。

 一つは、

ここから先は「WEB会員」の方のみご利用いただけます。

ログインして続きを読む
ログインして続きを読む
会員登録(無料)がお済みでないかたはこちらから
WEB会員登録(無料)
WEB会員についての詳細はこちらから

WEB会員について

このページの先頭へ