1. プライムコンサルタント
  2. 人材マネジメントセミナー
  3. 第9回 定年再雇用者の業務内容や貢献度に応じて処遇を決定する方法は-2-

プライム特選情報

第9回 定年再雇用者の業務内容や貢献度に応じて処遇を決定する方法は-2-

【強い組織を作る!人材活用・評価・報酬の勘どころ】

Q従業員200人の製造業です。定年後再雇用者を業務内容や貢献度に応じて処遇する分かりやすい方法があったら教えてください。

A 仕事の内容で賃金支給率を決め、貢献度により毎年調整する

ポイント⇒定年時の賃金X円に支給率Y%を掛算して再雇用時の賃金を決める。
 仕事の内容によって100%~50%の範囲で支給率Y%を決め、毎年の貢献度評価により+5%~-15%の範囲で支給率を調整するとよい。

 前回、定年後再雇用者の賃金の決め方には、定年前の賃金に一定の支給率を乗じて減額する「支給率方式」と、再雇用者を対象に短期決済型の賃金の決定基準を適用する「賃金表方式」とがあることを説明しました。

 今回は、一般になじみのある支給率方式を用いた業務内容や貢献度に応じた運用方法ご紹介します。(単純化するため、ここでは老齢年金や雇用給付金による収入の影響を無視しています。)

 下の表は、定年後に与える仕事の内容によって定年時の賃金X円に対する支給率Y%を決め、「定年後再雇用賃金=X円×Y%」を決める基準表の例です。
 毎年の契約更新のつど貢献度の評価を行い、支給率Y%に対して調整

ここから先は「WEB会員」の方のみご利用いただけます。

ログインして続きを読む
ログインして続きを読む
会員登録(無料)がお済みでないかたはこちらから
WEB会員登録(無料)
WEB会員についての詳細はこちらから

WEB会員について

このページの先頭へ