1. プライムコンサルタント
  2. 人材マネジメントセミナー
  3. 第4回 自社に合った定年後再雇用の賃金処遇方針を決めるには-1-

プライム特選情報

第4回 自社に合った定年後再雇用の賃金処遇方針を決めるには-1-

【強い組織を作る!人材活用・評価・報酬の勘どころ】

Q従業員300人の小売業です。定年後再雇用の賃金制度を見直したいのですが、社内にいろんな意見があって方針がまとまりません。他社の取り組みもさまざまですが、どのように考えれば自社に合った方針が見つかるでしょうか。

A 継続雇用の目的や再雇用希望者の就労動機にも目を向け、意欲を高める方法を考える

ポイント⇒(1)定年前の高年齢者の賃金が実際の貢献度等とバランスがとれているか、(2)何のために高年齢者を継続雇用しようとするのか、(3)再雇用を希望する従業員の就労動機は何かの3点を整理し、できるだけ再雇用者の意欲が引き出せる賃金処遇方針を見つける。

 再雇用時の賃金処遇の方針は、次の3つの観点から考えます。

 一つは50歳前後から定年前の賃金が従業員の貢献度合いや会社の支払い能力とバランスがとれているかどうかです。
 行きすぎた年功処遇などのため賃金が高くなりすぎている場合や、支払い能力に余裕がない場合は、再雇用賃金を思い切って

ここから先は「WEB会員」の方のみご利用いただけます。

ログインして続きを読む
ログインして続きを読む
会員登録(無料)がお済みでないかたはこちらから
WEB会員登録(無料)
WEB会員についての詳細はこちらから

WEB会員について

このページの先頭へ