1. プライムコンサルタント
  2. 人材マネジメントセミナー
  3. 第11回 ワークシェアリング(半日勤務や週3日勤務など)を実施するときの賃金の決め方は

プライム特選情報

第11回 ワークシェアリング(半日勤務や週3日勤務など)を実施するときの賃金の決め方は

【強い組織を作る!人材活用・評価・報酬の勘どころ】

Q定年後の継続雇用義務に応えるため再雇用者の半日勤務や週3日勤務などのワークシェアリングを検討しています。フルタイム勤務者とどのように賃金のバランスをとっていけばよいでしょうか?

A 賃金は勤務日数・時間に基づく比例計算または時給制が基本

ポイント⇒高年齢者の能力・適性に合った仕事を用意することが重要。手間はかかるが、勤務場所を配慮したり、勤務時間の変更やワークシェアリングを工夫すると士気も高まり、生産性向上の余地は大きい。

 厚生年金の報酬比例部分の支給開始年齢の引き上げと、高年齢者雇用安定法改正に伴い、定年後の継続雇用を希望する従業員が今後はハイペースで増加すると思われます。
 労使協定に基づく継続雇用対象者の選別基準を用いてきた企業も、基準の廃止に伴い人件費の増加を覚悟しなければなりません。
 日本経団連では、仮に継続雇用比率が現状の約74%から90%にまで増えると、企業が支払う賃金総額は5年間で約2%増えると予測しています(2013年経営労働政策委員会報告)。

 ただ、法改正に対応して定年後の継続雇用を進めるにしても、希望者を一律的な賃金処遇で受け入れるやり方では限界があります。
 重要なことは、

ここから先は「WEB会員」の方のみご利用いただけます。

ログインして続きを読む
ログインして続きを読む
会員登録(無料)がお済みでないかたはこちらから
WEB会員登録(無料)
WEB会員についての詳細はこちらから

WEB会員について

このページの先頭へ