1. プライムコンサルタント
  2. 人材マネジメントセミナー
  3. 第1回 就業規則の役割

プライム特選情報

第1回 就業規則の役割

【無用な問題は起こさない!社員も納得!賢い会社の就業規則・人事規程作成のポイント】

社会保険労務士・中小企業診断士 米田徹

 皆さん、初めまして! (株)プライムコンサルタントの登録コンサルタント、社会保険労務士・中小企業診断士の米田徹です。
 これから、就業規則を中心とした会社規則の作成・見直しの仕方について、皆様と一緒に考えていきたいと思います。
 就業規則については市販の解説本や労働関係の雑誌等が多数出版され解説されています。しかし数も多いのでどの本を読めばよいのか迷っている方も多いでしょう。
 また、専門書の中には労働基準法はじめ詳しい法律知識がないと読み込むことが難しい場合もあります。

 私のこれからのシリーズでは、メインターゲットの読者を中小・中堅企業の社長さんや最近会社事務を担当しはじめた初級者と想定して、そういう方々が日々疑問に感じておられる内容等をQ&A形式で、できるだけ分かりやすい言葉で解説していきたいと考えています。
 お仕事の合間などに気楽に読んでいただき、「そうか、なるほど」と気付くことがあれば、ぜひ記憶に留めて今後の業務に役立てていただければと思います。

 なお、このシリーズで説明する内容は決して単なる入門のための解説にはとどまりません。就業規則はどのような考え方で作成・見直しすればよいのか、またどうすれば無用な問題を回避しつつ社員も納得できる賢い会社の就業規則になるのかを実務に役立つように説明していきます。
 ぜひ皆様の会社の就業規則をお手元において、どのように見直しをしていけばよいのか、このシリーズを通じて一緒に考えていただければ幸いです。
それでは、早速始めましょう。

Q. 就業規則はなぜ必要なのですか。その役割について教えてください?

A. 「就業規則」は、職場における雇用管理全般についてのルールを定めたもので「職場の憲法」といった言い方もされます。
 憲法や法律の無い国家は秩序が保てず無政府状態になってしまうでしょうが、企業においても職場秩序を保ち労働能率を高め企業経営を発展させるためには一定の職場規律や労働条件を統一的・画一的に定めた就業規則が必要になるのです。

 就業規則がなぜ重要かを考えてみましょう。
 

ここから先は「WEB会員」の方のみご利用いただけます。

ログインして続きを読む
ログインして続きを読む
会員登録(無料)がお済みでないかたはこちらから
WEB会員登録(無料)
WEB会員についての詳細はこちらから

WEB会員について

このページの先頭へ