1. プライムコンサルタント
  2. 人材マネジメントセミナー
  3. 第16回 休日

プライム特選情報

第16回 休日

【無用な問題は起こさない!社員も納得!賢い会社の就業規則・人事規程作成のポイント】

社会保険労務士・中小企業診断士 米田徹

Q.労働時間(始業、終業時刻など)と同様に「休日」についても就業規則で必ず定めなければならない事項ですね。休日を定める際のポイントを教えてください。

A. 休日も就業規則に必ず定めなければならない「絶対的必要記載事項」です。
 休日は労働契約上、「労働者が労務提供義務を負わない日」ということになります。
 労基法では、使用者は労働者に対して、毎週少なくとも1回の休日(例外として4週に4日以上の休日)を与えなければならないと定めています。
 また休日は暦日、つまり午前0時から午後12時までのものと

ここから先は「WEB会員」の方のみご利用いただけます。

ログインして続きを読む
ログインして続きを読む
会員登録(無料)がお済みでないかたはこちらから
WEB会員登録(無料)
WEB会員についての詳細はこちらから

WEB会員について

このページの先頭へ