1. プライムコンサルタント
  2. 人材マネジメントセミナー
  3. 第15回 始業・終業、休憩時間

プライム特選情報

第15回 始業・終業、休憩時間

【無用な問題は起こさない!社員も納得!賢い会社の就業規則・人事規程作成のポイント】

社会保険労務士・中小企業診断士 米田徹

Q.就業規則には始業・就業時刻と休憩時間については必ず定めなければならない事項とのことでした。

A. 以前(第3回 『就業規則への記載事項』)ご説明したとおり、これらは就業規則の「絶対的必要記載事項」ですから、どんな就業規則にも必ず記載があるはずです。

規定例 - (始業・終業時刻及び休憩時間)
第×条 始業・終業時刻及び休憩時間は次のとおりとする。
始業時刻 8時30分  終業時刻 17時30分  休憩時間 12時から13時

Q.当社の就業規則にも定めがあります。ところで、同じ事業場の中でも従業員によっては始業、終業の時刻は異なる場合があります。例えば、異なる交替勤務(シフト)などがある場合にはどのように記載したら

ここから先は「WEB会員」の方のみご利用いただけます。

ログインして続きを読む
ログインして続きを読む
会員登録(無料)がお済みでないかたはこちらから
WEB会員登録(無料)
WEB会員についての詳細はこちらから

WEB会員について

このページの先頭へ