1. プライムコンサルタント
  2. 人材マネジメントセミナー
  3. 第30回 普通解雇

プライム特選情報

第30回 普通解雇

【無用な問題は起こさない!社員も納得!賢い会社の就業規則・人事規程作成のポイント】

社会保険労務士・中小企業診断士 米田徹

Q.「退職」に続いて、今回は「解雇」の規定方法について教えてください。解雇とは使用者の一方的な意思表示で労働契約を終了させることでしたね。

A. はい、「解雇」には「普通解雇」と「懲戒解雇」がありますが、どちらにしても従業員は解雇されれば直ちに生活に困窮することになるわけですから、理由もなく解雇するようなことは認められません。
 従業員としての地位の安全を確保するためにも、就業規則にはどのような場合に「解雇」が行われるのか

ここから先は「WEB会員」の方のみご利用いただけます。

ログインして続きを読む
ログインして続きを読む
会員登録(無料)がお済みでないかたはこちらから
WEB会員登録(無料)
WEB会員についての詳細はこちらから

WEB会員について

このページの先頭へ