1. プライムコンサルタント
  2. 人材マネジメントセミナー
  3. 第24回 その他の休暇-2-

プライム特選情報

第24回 その他の休暇-2-

【無用な問題は起こさない!社員も納得!賢い会社の就業規則・人事規程作成のポイント】

社会保険労務士・中小企業診断士 米田徹

Q.妊産婦の休暇として、まず「産前・産後休業」がありますね。就業規則に規定する上でのポイントを教えてください。

A. 労基法65条1項には、「使用者は、6週間(多事妊娠の場合にあっては、14週間)以内に出産する予定の女性が休業を請求した場合においては、その者を就業させてはならない。」と規定されています。
また同条2項には「使用者は、産後8週間を経過しない女性を就業させてはならない。
 ただし、産後6週間を経過した女性が請求した場合において、

ここから先は「WEB会員」の方のみご利用いただけます。

ログインして続きを読む
ログインして続きを読む
会員登録(無料)がお済みでないかたはこちらから
WEB会員登録(無料)
WEB会員についての詳細はこちらから

WEB会員について

このページの先頭へ