1. プライムコンサルタント
  2. 人材マネジメントセミナー
  3. 中川恒彦の人事労務相談コーナー
  4. 労働基準法上の「管理監督者」とは-10-(連載第25回)

プライム特選情報

労働基準法上の「管理監督者」とは-10-(連載第25回)

【中川恒彦の人事労務相談コーナー】

中川恒彦先生のプロフィールはこちら

Q 役職定年制対象者について管理監督者扱いを継続できるか
 地方支店幹部、本社部課長等の幹部経験者に対し、役職定年制を適用し、調査役等として(直属の部下はいません。)、特定分野の調査研究をしてもらうことになった場合、これまで同様「管理監督者」として労働時間の適用を除外することはできるでしょうか。
 また、これまで管理監督者として処遇することはできませんでしたが、勤続年数も30年近くになり、業務に関し相当の知識・経験を有する従業員を専門職とした場合、管理監督者として取り扱うことは可能でしょうか。

A 管理監督者経験者等管理監督者と同格的な調査役等(これをスタッフ職といいます。)については、管理監督者として取り扱うことも認められていますが、管理監督者と同格とまではいかない単なる専門職は、

ここから先は「WEB会員」の方のみご利用いただけます。

ログインして続きを読む
ログインして続きを読む
会員登録(無料)がお済みでないかたはこちらから
WEB会員登録(無料)
WEB会員についての詳細はこちらから

WEB会員について

このページの先頭へ