1. プライムコンサルタント
  2. 人材マネジメントセミナー
  3. 中川恒彦の人事労務相談コーナー
  4. 時間外労働命令は拒否できるか(連載第33回) 

プライム特選情報

時間外労働命令は拒否できるか(連載第33回) 

【中川恒彦の人事労務相談コーナー】

中川恒彦先生のプロフィールはこちら

Q残業をいやがる従業員がいますが、残業命令は拒否できるのでしょうか。
 残業命令を拒否した場合、何らかの懲戒をすることができるのでしょうか。
 以上、2点についてご教示いただければ幸いです。

A 労働者に法定労働時間を超えて労働させるためには、過半数労働組合または過半数代表者と時間外労働に関する協定をし、労働基準監督署に届け出る必要がありますが、その協定を前提とした上で、就業規則、労働契約等において、一定の場合には時間外労働を命じる旨の規定がある場合には、労働者は、

ここから先は「WEB会員」の方のみご利用いただけます。

ログインして続きを読む
ログインして続きを読む
会員登録(無料)がお済みでないかたはこちらから
WEB会員登録(無料)
WEB会員についての詳細はこちらから

WEB会員について

このページの先頭へ