1. プライムコンサルタント
  2. 人材マネジメントセミナー
  3. 第17回 報酬システム(9)貢献度に応じた賞与配分

プライム特選情報

第17回 報酬システム(9)貢献度に応じた賞与配分

 第16回では、賞与原資は会社の業績に連動させるべきであるという話をしました。
 今回は、賞与の個人配分についての考え方を述べます。

第17回 報酬システム(9) 貢献度に応じた賞与配分

(1)シンプルな配分方法

 前回述べた通り、賞与はいきなり基本給の何カ月分という決め方をするのではなく、まず会社全体の利益に応じて全体の賞与原資を決定します。
 賞与原資が決まったら、今度はそれを各個人へ貢献度に応じて配分するというように2段階で考えるとわかりやすいのです。

 賞与は本来、会社利益を社員へ配分するものですから、社員一人ひとりの「利益に対する貢献度」に応じてきれいに配分できれば言うことはありません。
 しかし、実際問題として、社員の利益に対する貢献度などはっきりと捉える事が出来るものなのでしょうか。結論をいえば、

ここから先は「WEB会員」の方のみご利用いただけます。

ログインして続きを読む
ログインして続きを読む
会員登録(無料)がお済みでないかたはこちらから
WEB会員登録(無料)
WEB会員についての詳細はこちらから

WEB会員について

このページの先頭へ