1. プライムコンサルタント
  2. 人材マネジメントセミナー
  3. 第8回 組織編制(3)

プライム特選情報

第8回 組織編制(3)

 第7回では、職能別組織とチーム型組織を取り上げ、それぞれの特徴と補強ポイントについての考えを述べました。
 第8回は、組織が自分自身の全体性を維持するための評価基準について取り上げます。

第8回 組織編制(3)

(1)2つの評価基準

 組織は目的を持ち、その達成のために動いています。目的の達成度合いを知るためには、経営者や従業員にとって分かりやすい評価尺度が不可欠です。組織は自分自身の評価基準を持つことによって、自分自身を管理し、全体を統合していかねばなりません。

 では、組織にはどのような評価尺度が必要なのでしょうか。それを、私たちは成果基準と行動基準の2つだと考えます。

 成果基準とは組織として「達成すべき成果=顧客に提供する価値」がどれだけ達成されているかを測るものです。成果に対する評価尺度がなければ、業務進捗における現在地を確認したり、目的地までの残りの距離を知ったり、振り返って良かった点・悪かった点などを知ることができません。
 それに対して行動基準は、守るべき価値観や理念と実際の行動との差を見るためのものです。

 経営者や従業員がまず気にかけるのは、

ここから先は「WEB会員」の方のみご利用いただけます。

ログインして続きを読む
ログインして続きを読む
会員登録(無料)がお済みでないかたはこちらから
WEB会員登録(無料)
WEB会員についての詳細はこちらから

WEB会員について

このページの先頭へ