1. プライムコンサルタント
  2. 人材マネジメントセミナー
  3. 第24回 ミドルの目標設定とトップを支える役割

プライム特選情報

第24回 ミドルの目標設定とトップを支える役割

 前回は、経営目標管理のための、ミドルマネジメントの役割について説明しました。
 今回は、ミドルの目標設定の考え方と、トップマネジメントを支えるミドルの役割について述べたいと思います。

第24回 経営目標管理(4) ミドルの目標設定とトップを支える役割

(1) ミドルの目標の立て方

 ミドルの日々の仕事は下から決まります。ミドルは、担当する組織の業務とそのプロセスを決め、部下に仕事を割り振り、日々のオペレーションと部下の働きに責任を負わねばなりません。
 しかし組織全体の成果に対するミドルの役割と責任は上から決まります。ミドルの目標は、常に会社全体の成果に向かって、上向きに設定することが求められます。

 ミドルは、自部門が達成すべき目標そのものを、自らの目標としなければなりません。
 例えば販売部門長は、部下と分け合って設定した個人的な販売目標の数値や、自分の担当取引先との商談だけを達成すればよいわけではありません。

ここから先は「WEB会員」の方のみご利用いただけます。

ログインして続きを読む
ログインして続きを読む
会員登録(無料)がお済みでないかたはこちらから
WEB会員登録(無料)
WEB会員についての詳細はこちらから

WEB会員について

このページの先頭へ