1. プライムコンサルタント
  2. 人材マネジメントセミナー
  3. 第21回 経営目標管理(1)基本戦略としてのマーケティングとイノベーション

プライム特選情報

第21回 経営目標管理(1)基本戦略としてのマーケティングとイノベーション

 前回は、事業の定義についての考え方を説明しました。
 今回からはいよいよ、経営目標管理についての話を進めたいと思います。

第21回 経営目標管理(1) 基本戦略としてのマーケティングとイノベーション

(1)目標設定の順序

 経営目標の達成のためには、人材や設備、資金などの経営資源をどこにどのように集中させるかという具体的な意思決定と、その意思決定に基づく具体的な行動が求められます。
 事業の目的・ミッションはその最も基本的なガイドラインであり、目的地に対する地図のような役割を果たします。
 ただし、地図があれば必ず目的地にたどりつけるわけではありません。組織のメンバーが足並みを揃え、集中するためのより具体的な目標と戦略・方法が必要になります。

 企業の目標を考えるとき、一般的には生産や物流、販売、サービスなど事業の中心となる基幹業務の成果を示すものがあげられます。多くの企業が売上高や利益を主たる目標にするのはこのためです。

 しかし、売上高や利益は事業活動を行った後の結果に過ぎず、

ここから先は「WEB会員」の方のみご利用いただけます。

ログインして続きを読む
ログインして続きを読む
会員登録(無料)がお済みでないかたはこちらから
WEB会員登録(無料)
WEB会員についての詳細はこちらから

WEB会員について

このページの先頭へ