1. プライムコンサルタント
  2. 人材マネジメントセミナー
  3. 第15回 報酬システム(7)諸手当の役割

プライム特選情報

第15回 報酬システム(7)諸手当の役割

 第14回では、責任等級制における昇格・降格についての説明をしました。
 今回は、毎月の賃金を考えるうえで切っても切り離せない、諸手当について考えていきます。

第15回 報酬システム(7) 諸手当の役割

(1)基本給と諸手当の役割

 毎月の賃金を大きく分けると、基本給と諸手当に整理されます。
 基本給とは、主に役割責任や実力などの「仕事の質」の要素に応じて決定するもので、所定労働時間に対応する固定給の中心と位置づけられます。

 それに対して諸手当は、賃金の変動的な問題や一部の従業員だけの問題を受け止め、基本給を補完する重要な機能を持っています。具体的には、基本給がカバーしきれない「仕事の量・種類・場所」、「生活条件」という4つの要素を賃金に反映するためのものです。

 基本給の面倒な運用を避けたいと思ってからか、基本給はおざなりな年功的な運用で済ませ、手当によって細かな処遇差をつけている会社を時々見受け

ここから先は「WEB会員」の方のみご利用いただけます。

ログインして続きを読む
ログインして続きを読む
会員登録(無料)がお済みでないかたはこちらから
WEB会員登録(無料)
WEB会員についての詳細はこちらから

WEB会員について

このページの先頭へ