1. プライムコンサルタント
  2. 人材マネジメントセミナー
  3. 第14回 報酬システム(6)役割責任に基づく昇格・降格

プライム特選情報

第14回 報酬システム(6)役割責任に基づく昇格・降格

 第13回では、「ゾーン型賃金表」の特長について説明しました。
 今回は、賃金管理とも関係の深い等級異動(昇格・降格)について考えを述べていきます。

第14回 報酬システム(6) 役割責任に基づく昇格・降格

(1)昇格・降格の人事が経営を左右する

 昇格・降格の運用は、組織上の役割責任に従わなければなりません。つまり、上位等級に相当するより大きな役割責任についた場合や、つかせる場合にのみ昇格させるということです。

 任せる仕事や組織、果たしてもらう責任も無いのに、「勤続年数が長いから」「多くの同期が課長になっているから」などといった処遇上の理由のみで昇格させるのは間違いです。そのようなことをしては、単に人件費の膨張を招くだけでなく、組織に混乱をもたらします。

 例えば、同じ部の中に、課の組織を率いる本物の課長と、

ここから先は「WEB会員」の方のみご利用いただけます。

ログインして続きを読む
ログインして続きを読む
会員登録(無料)がお済みでないかたはこちらから
WEB会員登録(無料)
WEB会員についての詳細はこちらから

WEB会員について

このページの先頭へ