1. プライムコンサルタント
  2. 人材マネジメントセミナー
  3. 第10回 報酬システム(2)

プライム特選情報

第10回 報酬システム(2)

 第9回では、給料の持つ意味と給料を支払ううえでの原則ついて述べました。
 第10回では、報酬システムの中でも、賃金表と評価基準の持つ意味について取り上げていきます。

第10回 組織編制(2)

(1)給料決定のためのツール

 みなさんの会社では、従業員の給料はどのようにして決まっているでしょうか。労働基準法の時間外手当などの一部の規定を除いて、給料の決め方自体に法的な決まりはなく、会社によって実にさまざまな方法で決められています。

 中小企業の中には、毎年、経営者自ら鉛筆をなめながら決定されている会社もあるでしょう。この場合、多くの経営者は頭を悩ませながら、個々の給料を細かく調整されているはずです。
 従業員のことを考え、苦労しながら決めている給料ですから、できれば、従業員が気持ち良く働くことを後押しするものであって欲しいと思います。

 しかし、従業員の立場からすると、給料決定のプロセスが全く見えないため、なぜ自分の給料がこれだけ上がった(または上がらなかった)のか、疑問を持たれても仕方がありません。
 経営者にとっても、従業員の顔や名前と業務内容が一致するような小規模のうちはまだなんとかなるかもしれませんが、数十人、数百人、数千人となるともう鉛筆をなめながらというわけにはいきません。

 ここで、鉛筆をなめて給料を決定する状態から、組織の成果基準や行動基準にそって各人の仕事ぶりを評価し、支給する側も支給される側も納得できる客観的なルールに基づいて給料を決める段階へ移行することが求められます。そのためには、賃金表や評価基準といった具体的なツールが必要になります。

ここから先は「WEB会員」の方のみご利用いただけます。

ログインして続きを読む
ログインして続きを読む
会員登録(無料)がお済みでないかたはこちらから
WEB会員登録(無料)
WEB会員についての詳細はこちらから

WEB会員について

このページの先頭へ