1. プライムコンサルタント
  2. 書籍案内
  3. 同一労働同一賃金速報ガイド

書籍案内

書籍詳細

同一労働同一賃金速報ガイド

新刊

一般価格 1,296 円 (税込)

WEB特価 1,166 円 (税込・送料別)

  • 著者: 菊谷寛之・津留慶幸
  • 労働調査会 刊
  • サイズ: A5判
  • 発行:2017年10月

購入する

 同一労働同一賃金に対応した人事制度について、コンサルタントとして専門家の立場から設計と導入のノウハウを紹介!
 正規社員と非正規社員の格差を無くすため、「働き方改革」の目玉政策として安倍政権が掲げた「同一労働同一賃金政策」は連日のようにニュースに取り上げられ、その後「ガイドライン案」が公表されたことで企業へ更なる反響を呼んでいます。
 本書ではその「同一労働同一賃金」の内容や課題についてわかりやすく解説した上で、これから企業に変革を迫られる賃金・人事制度導入のノウハウについて紹介します 

【主な内容】
はじめに
第1章 「同一労働同一賃金」問題の背景と課題
1.日本の賃金体系と同一労働同一賃金
2.「同一労働同一賃金」議論の背景
3.日本の賃金決定と欧米の賃金決定
4.現行法における「均等待遇」と「均衡待遇」
5.ポイント解説 同一労働同一賃金に関する裁判例の紹介
第2章 いよいよ実務的な検討段階に入る同一労働同一賃金とその課題
1.ガイドライン案の背景・目的・趣旨
2.同一労働同一賃金に向けての課題
3.同一労働同一賃金ガイドライン案の解説
第3章 正社員と非正規社員のバランスを説明できる賃金・評価制度の設計
1.ガイドライン案等から見えるこれからの賃金・評価制度
2.均等・均衡待遇と人事制度の検討手順
3.社員を区分する3通りの方法
4.職務給と職能給の長所を生かす役割基準人事制度の時代
5.役割責任を軸とした人事制度
 参考資料 同一労働同一賃金ガイドライン案



 

このページの先頭へ